「基軸通貨」

外為取引の投資に関しての対象は各国各々の公式通貨があります。

流通貨幣に際して勉強していこうと思っています。

・流通貨幣には「基軸通貨」という呼び方で称されている通貨が存在します。

基軸通貨というのは、国際間の決済において金融商品の取引に際して重点に置いて使用される公式通貨のことで現時点はドル(アメリカドル)になります。

以前は英ポンドが基軸になる通貨でありましたが第二次世界大戦が終わった後アメリカドルになりました。

・FXを使ってやり取りされている流通通貨の種類は、他で言うところの外貨の投資に比較してみた時かなり多いというのが特質というのがあげられます。

FX企業間により、扱っている公式貨幣の種類に関しては、異なっているのですが、通常では20種類位あるようです。

20種類の中でも流動性が大きくなっている流通通貨をメジャー通貨と呼びます。

変動性が高い数値とは、商取引が頻繁に行われておるという事であり公式貨幣の商売が容易なという事を意味します。

主要な流通通貨には上記において基軸の通貨と呼ばれる米ドルに、¥(日本円)¥(円)、ユーロの3種があって、世界の3大通貨表されています。

豪ドル、カナダのドルなどが準メジャー通貨と表されております。

メジャー通貨、準メジャー通貨以外の流動する性質が少しの通貨についてはマイナー通貨と称されて比較的国の勢力や経済における力が乏しい国での流通通貨で、南アフリカランドやシンガポールドル、トルコリラなどが主とされている通貨においては、売買されてる量が多いので、値の激動が堅調で、情報の数も豊富なです。

マイナー通貨に関しては、金利の面で高い価格な通貨であるの多いというのがあるので値の変動が激しいとの事です。

値の乱調が大きいという事においては絶大なもうけを受け取るタイミングがありますがチャンスがある分好ましくない結果の可能性も大きいです。

それと同時に動きが低い流通貨幣なので終了決定したい時でも終了決定が出来かねる状態になり得る事があるので注意しましょう。

何の通貨を選別するのかは公式貨幣の性質を抜かりなく検証してから実践する事は大切であるのではないかと思います。

Posted in FXTagged :

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *