FX会社を選ぶ基準は

FXを始める際にFX会社を選ばなくてはなりませんね。

たくさんのFX会社がありますので自分の取引に適した会社を選びましょう。

スプレッドで選ぶ
1つ目は各FX企業が用意している「売り値」と「買い値」の差(大きさ/狭さ)を意味合いします。
2つ目は、各国の国債や利息の差を1%の100分の1刻みを用いて「bps(BasisPointSpread)」と言う単位で表したものを意味します。
スプレッドとは英語で「空間・奥行き・大きさ」と趣旨を持っていますが、FX用語のスプレッドも同じように「大きさ」を表していますが、FXの場合には大きく区分て2種類の「広さ」を表しています。

取引可能な通貨ペアの種類で選ぶ
FXビギナーの人に向いている通貨は、ドル円やユーロ円などの馴染みがある通貨ペアですが、他にもたくさんな通貨があり、通貨毎に特徴がありますので、自身のトレード技法にあう通貨を見つけるのも良いでしょう。
ドル円、ユーロ円、ポンド円などの対円の主要通貨については、どのFX法人でも取引できます。
FXで取引可能な通貨はFX企業によって異なっています。

スワップ(スワップポイント)で選ぶ
通貨には各々の国が定めた金利があります。
スワップポイントとは、FXで得られる利益で、2つの通貨の利息差の事です。
利息は年0.5%ですと、1年間保有すると0.5%の利子がつくわけです。
米ドルなら2%前後、ユーロは4%前後、豪ドルは7%前後、南アフリカランドは驚いたことに10%以上という高金利です。
2通貨間の利息差をスワップ秘金利といい、FXでは、低利率の通貨を売って、高金利の通貨を買い、そのポジションを維持すると、維持した値段と期間分のスワップキーポイントを受け取る事ができます。
中には金利の高い通貨を買って、持ち続けるだけでスワップポイントが入ってくるので、スワップポイントでの利益を狙って投資する方法もあります。

手数料と最低取引額で選ぶ
FXには、他の金融商品同様に最低取引額が設けられており、その額はFX法人によって違いがあります。
小額から始める予定の方は、1000通貨単位での取引を取り扱っている企業をピックアップする必要があるため、選択の余地がある会社は限られてきてしまいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *