個人型確定拋出年金「iDeCo」

貯蓄や投資をするだけで、必ず税金を取り戻せる仕組みがあります。そんな驚きの制度が、個人型確定拋出年金。「iDeCo(イデコ)」です。
以前から自営業者や企業年金のない会社員は使えましたが、2017年の1月から新たに、企業年金のある会社員や公務員、専業主婦などほぼ誰でもこの制度を使えるようになりました。
個人型DCの口座開設を狙う金融機関のキャンペーンも活発化しており、絶好の始め時が訪れています。
個人型DCのすごさは、専用口座にお金を入れた時点で、節税メリットが確定することです。
掛け金は毎月積み立てる形で拠出するが、全額が所得控除の対象になり、年末調整や確定申告を通じて所得税や住民税を取り戻せる仕組みです。
年間に拠出できる金額には上限があります、企業年金のある会社員や公務員の場合は、月額1万2000円ずつ積み立てて、1年間で14万4000円まで。
例えば 課税所得400万円の人なら、拠出金のうち所得税%20%、住民税10%が減税対象となり、年間の節税額は約4万3000円にもなります。
これを20年間続ければ、合計86万円以上も税金を取り戻せる計算になります。

どの金融機関で始めるかは、色々調べてみましょう。
楽天証券・大和証券・三井住友銀行・スルガ銀行・SBI証券・りそな銀行・ゆうちょ銀行等、沢山の金融機関があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *