投資する時の「3つの鉄則」

たった1本で済む「バランス型投信」でプライス破壊が起き、投資のすべてをコンピューターに任せられる新型サービス「ロボアドバイザー出資」も認知し始めている。
それを、パーフェクトお任せで可能なうえに、支出も安価に、500円など小口からも開始出来るサービスが増大している。
多くの人が実践すべきながら、手間が大きい分散出資。

世界中の株や債券にす分散
世の中各国の株式や債券を満遍なく持つ事が、危険性を抑えながら増やすための鉄則です。
ただ、いくつかのアイテムを組み合わせるには手間も知識も必須となってきます。
いつ何が値上がりし、何が値下がりするかは思い当たらないと利益を出すのは難しいです。

相場が変動したら「リバランス」をする
ただ、リバランスの機会を決断するのは困難なことです。
分散出資も、ただ放置するだけでは最大限の影響は得らる事が出来ません。
「値上がりした財産は局所売り、値下がりした財産を買い増す」が機械的に行えるリバランスが必須です。

手数料を可能な限り抑える
投信の提供手数料はオンライン証券ならフリーがほぼ常識になったが、保有中に必要になる信託報酬も意識やりたい。この信託報酬でこのところ、価格破壊が現れています。
支出の縮小は出資最大の鉄則。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *