大陽線と大陰線がでたらチャンス

株価は毎日色々な動きをします。毎日のローソク足もさまざまな形になるわけです。
ローソク足チャートは日本人が発明したものですが、これが優れている点は、株価の大きなトレンドやリズムなどをつかめるだけでなく、毎日の株価の動きもわかってしまうことです。

ローソク足一本一本が、その時々の株価の状態や転換点などを示すヒントになります。特に、長い陽線と陰線、長い上ヒゲや下ヒゲなどは、株価リズムや需給状態、買いたい人と売りたい人、どちらが多いかなどの状況を把握することで重要な意味を持ちます。

たとえば、株価チャートで長い下ヒゲが出ていると。長い下ヒゲというのは、売り込まれて安値をつけたところから、勢い良く買いが入り始めた動きを表示しています。株価下落の末にこの形が出ると、上昇に転換するサインとなることが多いのです。
逆に、上昇の末に上ヒゲが出ると、株価は下降転換することが多くなります。
高値圏で大陰線、長い陰線が出たとき、これは株価が高値をつけたことによって、「この辺で売ってしまおう」と考える人が多くなってきたことを示します。要するに、売り圧力が強くなってきた様子を示しており、多くは株価の下降転換のサインとなります。 逆に、安値圏で大陽線、長い陽線が出ると、買い圧力が強くなってきた様子を示し、上昇に転換するサインになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *