重要なのは移動平均線

値動きの流れがわかる移動平均線!
「株価の動きを平均化して、大体の株価トレンドを示した線」です。
ほとんどの株価チャートでは、ローソク足と一緒に移動平均線も表示されています。

移動平均線には、5日移動平均線や13週移動平均線など、さまざまな期間のものがありますが、5日移動平均線
その日を含めて過去5日間の終値を足して5で割って平均値を出します。 翌日以降も同じようにして、過去5日間の終値の平均値を計算します。これを毎日やってつないでいけば、「5日移動平均線」が出来ます。
実際に移動平均線を確認するためには、自分自身でこのような計算をする必要はありません。ネット証券の株価チャートでもポータルサイトの株のページなどでも、簡単に見ることができます。

トレンドは移動平均線の 「向き」と「並び」で判断する
上昇トレンド時の特徴
・移動平均線が上を向いている
・株価が移動平均線より上にある
下降トレンド時の特徴
・移動平均線が下を向いている
・株価が移動平均線より下にある

移動平均線はトレンドを示すとともに、その期間にこの銘柄を買った投資家の平均買いコストでもあります。
そのために投資家が意識する水準、 つまり、節目となり、下落してきた株価がそこで反発したり、上昇してきた株価がそこで反落するポイントになりやすいのです。
なお、移動平均線はさまざまな期間のものが描けますが、一般的に使われるものは、日足チャートの場合は5日、
25日、75日、週足チャートの場合は13週、26週、52週などの線です。
期間が短いものほど速く、期間が長いものほどゆっくりと動きます。 つまり、上昇トレンドの時には、株価がまず上昇し、その後を追いかけるように期間の短い移動平均線から上昇します。その結果、チャート上では、上から5日移動平均線、25日移動平均線、75日移動平均線の順番に並ぶことになります。 しかし、トレンドが「上昇→下降」 と転換すると、まず、株価が5日移動平均線や25日移動平均線を下に抜き、 同様に、5日移動平均線が25日移動平 均線を、25日移動平均線が75日移動平均線を下に抜くという形で、位置が入れ替わり、最後には先ほどの順番が逆になります。このように、短期間の移動平均線が長期間の移動平均線を下抜くことをデッドクロスといい、 逆に、短期間の移動平均線が長期間の移動平均線を上抜くことをゴールデンクロスといいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *